アスペルガー症候群の私が高速道路運転事故を起こした時感じた事

こんにちは、アスペルガー恋愛考古学のバポです。

以前私は高速道路を運転していた際に、自動車事故に遭いました。
その当時事故直後に綴った日誌があったのでそれを改変し、載せています。

当時の事故状況

高速道路をひたすら運転した際に助手席では、会社の上司が座っていました。
高速道路を使って営業先に行く途中です。私は勿論部下ですし、よく往復する道だったので特に問題視していませんでした。

運転している途中、高速道路の入り口から入ってきて本線へ合流しようとしている車がありました。恐らくその車も初心者の運転手だったと思います。

高速道路から本線へ合流する際、普通はあたりの様子を伺いつつ、加速車線を一気に加速します。
しかし、その車は何を迷ったのか、合流地点の端っこのもう進めない部分で止まっていました。
そして私は、右側の追い越し車線ではなく左側の走行車線を走っていました。

本来なら、合流地点があり、車が合流しようとしていたら右側の追い越し車線を走るべきでしょう。
ただ私は走行車線を走っていたため、前の車と距離が近づくにつれ、この車は入るのか入らないのかの葛藤が始まりました。向こうの車も恐らく入るか入らないかの状態になり、要は譲り合いの状態になってしまったわけです。

こういう時、相手が何をするのかわからないことが事故の発生につながります。

そして私自身も車の速度を少し落として近づいていきました。
「でもこの車動かないな、よし追い抜こう」と思った矢先に、左で止まっていた車が前に飛び出ました。

「そのままだとぶつかる!」と思って、そこで右にハンドルを切ってしまったのです。
高速道路で右にハンドルを切るときは、必ずサイドミラーで後方を確認する必要があります。それを怠ってしまったのです。

そして偶然にも追い越し車線を走る車が後ろから走ってきたのでした。

車に激しい衝撃が走り、「やっちまった」と呆然とするばかりでした。
幸い、どちらの車にもけが人はなく、ぶつかった直後の事故も起きずに済みました。右のサイドミラーだけが弾け飛んでました。。

何故私は事故に遭ったのか

当時の状況を考えたときに、私は、なぜ事故に遭ってしまったのだろうかと考えました。

その際に一つ

精神的に追い詰められていた。精神的に参っていた。
というのがひとつの原因だと感じました。

そして、複数のことを同時に行おうとしていたので高速道路で事故に遭ってしまった
と考えました。

まず運転中にしていたことを振り返りました。

  1. 高速道路の運転
  2. となりの上司との会話
  3. 考え事をしていた

高速道路の運転

そもそも高速道路の運転の際は、細心の注意を払って慎重に運転する必要があります。
勿論、した道もそうですが、普段より速度が速いため、感覚がずれてしまいます。

となりの上司との会話

そして上司と会話をしていました。
私と上司は年の差が離れており、正直ジェネレーションギャップを感じています。
そして共感しようと思ってもなかなか共感できない話題も多く、から返事をしていたようにも思えます。

「料理してるの?」
「休みの日何してるの?」
「お酒とか一人で飲むの?」
「温泉とかどこが好き?」

とか
当たり障りのない話ですね。私はその当時、会社を続けるかどうかを非常に悩んでいまして、独立や転職のために何か別のことをしようと思って、色々勉強をしていました。
かといって、そんなことを会社に言えるわけでもないので、何もしていないわけでもないのに言えない状況下で会話を長続きさせることが非常に難しく困難だったわけです。

アスペルガー症候群とか関係なく、興味がない話って苦痛じゃないですか。
興味がないことに対しても、興味があるようにふるまうというのも人間関係を維持する上での一つ生き抜き方でもあると思いますが、興味がない話を聞くとか、それに対してうまく返すというのは頭を使うわけです。

考え事をしていた

そして、先ほども上げたように運転中にもかかわらず考え事をたくさんしていました。

当時、会社の仕事が増えて、どんどん担当を引き継ぎされ、商品管理も増え、仕事を丸投げされる状況も増えてきていました。
ある意味、どんどん会社の立ち位置でいうと重要な役割を与えられたわけです。

しかし、それと同時に、自分の営業力に疑問を感じており、自分は本当に営業に向いているのかと非常に悩んでいました。

出張に行った際にも、こういう仕事は想像力が必要だからねと営業先の人に言われたり、上司にも、「もう少し相手の立場になって物事を考えられるようになるといいよね」「今年は気づける人間になるといいよね」と言われたりしました。

正直、自分自身はその発言を聞いたときに、やっぱり俺ってアスペルガー症候群だからそういう部分足りないのかもとすごく考えさせられました。

気づこうと思ってもなかなか自分自身気づけなかったからです。
相手がどのような意図でその質問をしてどういう返答で相手が喜ぶかを想像することが苦手だったわけです。

それってアスペルガー症候群である自分はそもそも営業職は向いていなくて、全然別の仕事の方が向いているんじゃないか?
でも一方で会社にはどんどん仕事を任されて仕事を辞めづらい状況になっている、そういう状況でした。

そして仕事をたくさん任されて処理が遅くなっている自分に対し、次から次へと仕事が任されて、こなすことができず、どんどん自分の予想できないときに増えていくのはきついと思ったわけです。
複数のことを同時にすることが出来なくて一つのことに取り組むのが得意なアスペからすると、この状況はきついと思っていたわけですね。

甘ったれですね。

実際にそういう風に仕事もそうですし
仕事以外の部分でもうまくいっていないことも多かったので
すごく色々なことを考えて運転していました。

その結果、完全に高速道路の運転で車線変更するときに、ミラーを確認するという基礎中の基礎であることを忘れてしまいました。

アスペルガー症候群は事故に遭いやすい?

私は運転事故の時の精神状況を振り返った時に、やはり何かしら原因があるのではないかと考えました。
なぜかというと、自分は事故をするとは全く想像していなく想像の範囲外のことだったからです。

私はもしかしたら事故に遭いやすい特性を持つのかもしれないと考えたときに、
アスペルガー症候群と事故の関連性を考えてみました。

アスペルガー症候群の人は不注意だとか、注意力散漫だとかよく言われます。
よそ見をしたりすることも運転事故の原因になりえます。
一つのことに取り組むのが得意な反面、複数のことを同時にできないので、
気が散りやすいとかよく言われます。
例えば運転中の外の景色が気になったり。
運転中に、かわいい女の子が外を通っていたら、いったんそちらの方を見てしまうかもしれません。

また時間管理も苦手という特性もあり、焦って運転してしまい事故につながるという可能性も否定できません。

そしてアスペルガー症候群の特徴として
「予想外の出来事に対して慌ててしまう」
「予想外の出来事に対してうまく対応できない」

というのがあります。

つまり今回の場合だと、入り口で止まっている車がどうしたいのかが予想できないという状態に陥りてんぱってしまったわけです。
てんぱると冷静な対処が出来なくなり、本来なら早めに追い越し車線に切り替えるということもできたのに、それも機転を利かせて対応することが出来ませんでした。

アスペルガー症候群の人が事故を防ぐために【対策・対処法】

アスペルガー症候群の人が事故を防ぐためにどうすればよいか対処法、対策をまとめてみたいと思います。

アスペルガー症候群の人が気を付けること、対策、対処法

・ほかの人と会話をなるべくしないように心がける
・考え事をしながら運転しない
・精神的に不安定な時は考え事をしやすいので特に気を付けて冷静になる
・よそ見、わき見をしない
・焦らないように時間に余裕をもって早めに出発を心がける
・携帯やスマホのとっさの着信で動揺しないように運転中はマナーモードや電源オフにする
・ガムをかむ、ティッシュをとる、音楽を切り替える、カーナビを触るなどという行為は車が止まっているときに行う
・人よりも何倍も事故に遭いやすいと自覚して運転するように心がける。

助手席やその他の人が気を付けること、対策、対処法

・むやみやたらにアスペルガー症候群の運転手に声をかけない
・時間が遅いということで運転手をせかすようなプレッシャーをかけない
・後ろの席からちょっかいをかけない

アスペルガー症候群の人は、自分は運転が苦手なので、話さなくなっても許してほしいということを、一緒の車に乗る人に伝えてもいいと思います。

運転事故後の対応

私の事故後の対応は、やはり悲惨なものだったと思います。
事故後は茫然としてしまいどうすればわからないという状況でした。
上司が落ち着いてまず外に出て相手にケガはなかったかどうかを確認しに行き、保険会社に連絡を入れました。
そのあと、保険会社に警察に連絡しましたと聞かれたので、警察に連絡しました。

その間に高速道路の管理会社の人が現れ、交通整備をしました。
そして警察の人に場所を伝えて、来てもらう間にぶつかった相手の名前と連絡先を交換し、待機しました。

今の時代ってスマホから警察に電話すると位置情報が伝わって大体の位置が分かるんですね。
時代の流れとは恐ろしいものです。

待機時間も、ぶつけた相手と同会話をすればいいかわからなかったので目を合わせることもなかなか難しかったです。

そして警察が来たのちにどういう風に事故が発生したかの状況説明をし、事故証明書をもらいました。

事故証明書がないと、保険会社に請求ができません。
事故があった際は必ず事故証明をもらうことが大切です。

事情聴取をした後、私たちの車は右ミラーが壊れていたので、運転できないという判定を下されました。

車自体に異常がなくても、ミラーが壊れていると運転していたら捕まるそうです。
なのでレッカー車で移動になりました。

事故後は示談交渉といった、どちらにどれくらい責任があってどれくらい保険が下りるかというものが、保険会社を通じて行われます。
免責がどうだの、示談交渉前の謝罪は言葉選びに気を付けるなど色々新しいことを学びました。

不幸中の幸い

不幸中の幸い、高速道路の事故にもかかわらずけが人は出ませんでした。
高速道路で一回事故があると2%の確率で死亡者が一人出ると統計上出ています。
それは死亡者の数なので、重傷、軽傷を問わず怪我をする人は多く存在します。

それなのに、命があって無事生きているというのは本当に不幸中の幸いです。
生きていること自体に感謝しなければならないと感じます。

また事故が起きた際の会社報告の際に、上司は、事故に遭ったという連絡の時に、どちらが事故を引き起こしたかということを報告に入れなかったのです。

会社に戻った後、連絡が来たときはどちらが事故を起こしたかわからなかったと言っています。

つまり部下をかばったのです。
部下の責任は上司の責任という意識で私をかばってくれました。

この事故を今後の生きる上での教訓にしなければなりません。
上司にも生きていることにも感謝し、二度と事故に遭わないように、車を安全運転できるように心がけようと思います。

 

アスペルガーで悩んでいる人向けの教材

アスペルガ-ADHD発達障害改善マニュアル

今回の記事はどうでしたか?
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)には、様々な特徴があり、生きづらさを感じている人も多いと思います。

「人と円滑なコミュニケーションが取れない」
「こだわりが強すぎる」
「上手く自分の事を伝えられない」

そういう課題はすぐに解決できるものではありません。
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)に向き合っていく必要があると思います。

私が、アスペルガー症候群について勉強し、向き合う中で、唯一購入して役に立った教材を紹介します。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルです。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは、その名の通り、マニュアルを読んで実践していくことで、アスペルガーが改善されていくというマニュアルです。

アスペルガーは現在医学的に完全に治るものではないので、あくまで改善になります。

アスペルガーの環境的な要因や体質的な要因なども乗っており、アスペルガーが食べたほうがいい食べ物、避けたほうがいい食べ物などのリストも乗っています。

実際に、どういうことを実践していくかということが体系化されており、後半部分にマニュアルが記載されています。

私が購入して湧き出た思いは、自分自身が知らないことがたくさんあったという気持ちと、マニュアルを実践してアスペルガーに向き合っていきたいという気持ちです。

詳しい内容は、教材なので購入者限定になるので乗せられませんが、「なんとかしてアスペルガーを改善したい」と考えている人にオススメの教材です。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを見てみる

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

実践は大変な部分もありますが、その分、根気強く向き合わないといけないと決意するきっかけになります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの内容については下記の記事で書いてありますので参考にどうぞ。
関連記事:アスペルガーに必須のアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを徹底解説
関連記事:アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの口コミと評判を確かめるために実際に購入してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です