【保存版】ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の13つの特徴

アスペルガー特徴 保存版

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴をまとめます。

自分自身がASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)と診断された人、または自分自身がそうかもと思う人、知り合いがそうかなと思う人は、特徴を抑えましょう。

日本国内には、ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人が約1%程いると言われています。1億2000万人ほどですから、120万人ほどは、ASDの可能性があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の大きな2つの特徴

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の大きな2つの特徴を説明します。
以前はアスペルガー症候群という表現でしたが、現在は診断名が統合され、
「自閉症スペクトラム障害」に統合されて呼ばれています。

アスペルガー症候群の特徴として、イギリスの児童精神科医のローナウィングは、「ウィングの3つ組」という「社会性の問題」「コミュニケーションの問題」「想像力の問題」を上げました。

ただし、現在では、「社会性の問題」「コミュニケーションの問題」は統合されて2つになっています。

    • 社会生活でのコミュニケーションの問題
    • 独特のこだわり、興味

社会生活でのコミュニケーションの問題

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人の特徴として、学校、仕事、恋愛など、さまざまな場面において、人とのコミュニケーションや関わりが難しいということがあります。

周囲の人と関わる時に適切な対応を取ることが出来ず、相手との関係を築くのが難しかったりします。また関係を維持することも苦手です。

また相手がどういうことを考えて話しているのか気づくのや、相手の表情から感情を読み取るのが苦手です。

また自分が思っていることを相手に分かりやすく伝えたり、表現することも苦手です。

まとめ
相手の気持ちに気付いたり、自分の気持ちを表現するのが苦手なので、相手との関係を築いたり、維持していくことが苦手という特徴がある。

独特のこだわり、興味

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人の特徴として、独特のこだわりや興味があるということが挙げられます。

興味、関心が限られやすく、限定的になりやすいです。

自分の興味あることや自分に合ったパターンの行動に強くこだわったりするので、それ以外の想定外の出来事、つまり予想外の出来事を想像することが苦手で納得しにくい傾向がある。想定外のことが起きるとパニックになることもある。

まとめ
興味関心が限定的でこだわりがあり、想定外のことが起きることを想像することが苦手。

細かく分類したASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の11の特徴

さらに細分化したASDの特徴について見ていきます。

  1. 攻撃的になることがある
  2. 交渉事が苦手
  3. 他の人と名前と顔を一致させられない
  4. スケジュール変更などで融通が利きにくく混乱しやすい
  5. 特定の人と深く親しくなることが苦手
  6. 嘘が付けない正直者
  7. 「あれ」「それ」等の行間を読むのが苦手
  8. 言葉通りに受け取ってしまい冗談があまり通じない
  9. 驚異的な集中力を持つ
  10. 細かいところにこだわり、優れた記憶力を持つ
  11. 同じ行動パターンを好む

1.攻撃的になる時がある

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の一つ目は、攻撃的になることがあるということです。 他の人の考えや感情に配慮が出来ず、自分の感情を押し付けてしまう場合があります。

人間関係で苦労をし、それが相手を怒らせてしまう可能性があります。

勿論全員に当てはまるわけではありません。

2.交渉事が苦手

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の二つ目は、交渉事が苦手なことです。
ビジネスの話し合いであれば、お互いに意見交換をする中で最終的な着地を狙っていくと思いますが、ASDの患者は、相手の話を聞かずに自分の意見を主張することが多いです。
そして、相手が空気を読んで、遠回しな表現をしてもそれを言葉のまま捉えて本当の意味を読み取ることが出来ません。
したがって、相手が本当に考えていることを読み充てるのが難しく、適切な交渉が出来ない場合があります。

3.他の人の顔と名前が一致させられない

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の三つ目は、他の人の顔と名前が一致させられないことです。
名前がなかなか覚えられません。
基本的に他人への関心が低く、数回あった程度だと、顔や名前を脳に記憶していたとしても、一致させられなく間違えてしまうことがあります。
名前を呼ぶというのは、人に好かれる方法としても上げられるので、できれば覚えたいものですね。

4.スケジュール変更などで融通が利きにくく混乱しやすい

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の四つ目は、スケジュール変更などで融通が利きにくく混乱しやすいということです。

例えば、火曜の夜は、仕事を早く終えて予定を入れていたとします。
その時、急に他の仕事の予定が入り、予定通りの時間に終わらなくなりそうになりました。
そうすると、どういう順番で仕事をこなしていけばいいか分からなくなって手付かずの状態になったりします。

営業の仕事でアポイントが5件あった時に、そのうちの間の1件が急にキャンセルになった際に、何を良いか分からず困ってしまう場合があります。
本来であれば、他のアポイントの相手の時間調整をお願いしたり、空き時間に別の業務をしたりするものですが、頭の中でどうするべきかということを考え続け、無駄な時間を過ごしてしまう場合があります。

5.特定の人と深く親しくなることが苦手

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の五つ目は、特定の人と深く親しくなることが苦手ということです。
異性と関わることが苦手だったりするので、恋愛でも影響を受ける可能性があります。

6.嘘がつけない正直者

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の六つ目は、嘘が付けない正直者だということです。

勿論、まったく嘘が付けないわけではないのですが、すぐ表情などに出てしまうので、すぐにばれます。
隠し事などはバレやすいことが多いと思います。

また純粋に、嘘が付けなかったりするので、
「わたし最近ダイエットしたんだけどどうかな?」

「え?前とあんまり変わっていないよ」と正直に思ったままのことを言って、相手のことを傷つける可能性があります。

そのためよく空気が読めないと言われます。
正直すぎることが、空気が読むことが出来ないことにつながっているのです。

7.「あれ」「それ」等の行間を読むのが苦手

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の特徴の七つ目は、「あれ」「それ」などの行間を読むのが苦手ということです。

「あれってなんやねん」
「それってどれやねん」
「そこってどこやねん」

と指示語がよく分かりません。
指示語を伝えるよりは、具体的に伝えたほうがASDの人には伝わりやすいと思います。

「ちょっと」とか「たくさん」という表現もあいまいで理解がしづらかったりします。

8.言葉通りに受け取ってしまい冗談があまり通じない

ASDの特徴の八つ目は、言葉通りに受け取ってしまい冗談が通じないということです。

お笑い番組を見ていても、ボケがボケだと分からずに、きょとんとしている場合もあります。

冗談を冗談と捉えられない場合もあるので、表現が下手だと誤解を招いてしまいます。

分かりづらいニュアンスの言葉を伝えるときは注意が必要です。

9.驚異的な集中力を持つ

ASDの特徴の九つ目は、驚異的な集中力を持つことです。
ASDの大きな特徴としてこだわりが強いということがあるので、その影響か、一つのことに没頭すると、周りが見えなくなってしまいます。

逆に言うといったん集中すると爆発的な集中力を持つことが出来ます。

短所と捉えるべきではなく、長所と捉えるべきでしょう。

10.細かいところにこだわり、優れた記憶力を持つ

ASDの特徴の十個目は、細かいところにこだわり優れた記憶力を持つということです。

細かな配列を覚えたりして、少しでも違うと気づいて修正したりすることがあります。

物の位置などに強くこだわるASDの人もいるので、そういう人は記憶力が優れていて位置を正確に把握していたりします。

記憶力もASDの人にとっては長所と言えるでしょう。
暗記系も得意な方です。

11.同じ行動パターンを好む

ASDの特徴の十一つめは、同じ行動パターンを好むということです。

ASDの人は変化を嫌います。規則性を好む人が多いです。

そのため、急な行動パターンの変更でイライラしてしまう可能性も十分にあります。
変化に対応できずにパニックになってしまう人も少なくありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あくまでこれらの特徴は、ASDの特徴の一部であり、すべてではありません。
またこの特徴が当てはまったからと言って、ASDであるというわけでもありません。

あくまでこういう特徴もあるなくらいの認識でいてください。

特徴はあくまで特徴です。自分を知るための参考としてお使いください。

アスペルガーで悩んでいる人向けの教材

アスペルガ-ADHD発達障害改善マニュアル

今回の記事はどうでしたか?
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)には、様々な特徴があり、生きづらさを感じている人も多いと思います。

「人と円滑なコミュニケーションが取れない」
「こだわりが強すぎる」
「上手く自分の事を伝えられない」

そういう課題はすぐに解決できるものではありません。
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)に向き合っていく必要があると思います。

私が、アスペルガー症候群について勉強し、向き合う中で、唯一購入して役に立った教材を紹介します。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルです。

アスペルガーを改善するマニュアルです

今すぐアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルで解決する

本気で変わりたい方におすすめです…!

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは、その名の通り、マニュアルを読んで実践していくことで、アスペルガーが改善されていくというマニュアルです。

アスペルガーは現在医学的に完全に治るものではないので、あくまで改善になります。

アスペルガーの環境的な要因や体質的な要因なども乗っており、アスペルガーが食べたほうがいい食べ物、避けたほうがいい食べ物などのリストも乗っています。

実際に、どういうことを実践していくかということが体系化されており、後半部分にマニュアルが記載されています。

私が購入して湧き出た思いは、自分自身が知らないことがたくさんあったという気持ちと、マニュアルを実践してアスペルガーに向き合っていきたいという気持ちです。

詳しい内容は、教材なので購入者限定になるので乗せられませんが、「なんとかしてアスペルガーを改善したい」と考えている人にオススメの教材です。

アスペルガーを改善するマニュアルです

今すぐアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを見てみる

本気で変わりたい方におすすめです…!

実践は大変な部分もありますが、その分、根気強く向き合わないといけないと決意するきっかけになります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの内容については下記の記事で書いてありますので参考にどうぞ。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは詐欺?使えない?
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 口コミ
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの口コミと評判を確かめるために実際に購入してみた

アスペルガーの恋愛に悩んでいる方

下記の記事を参考にどうぞ。

アスペルガー症候群 恋愛 出会い系 おすすめ
アスペルガーが恋愛するなら出会い系がオススメな理由まとめ

アスペルガーで仕事を悩んでいて転職したい方

下記記事を参考にどうぞ。

参考

アスペルガー症候群(ASD)が転職する方法と注意点まとめ【保存版】テンカツ