【徹底解説】女の子を紹介してもらうことは、果たして出会う手段として優れているのか?

女の子紹介

こんにちは。
このブログのカテゴリーの出会いの手段として1番目に「紹介」というカテゴリーを上げています。
出会う方法13のうちの1つです。(2016年3月現在)

カテゴリーの順番は、難易度の高さや、一対一で会うか複数で会うかなどを考慮して順番を決めています。

今回は誰でも思いつく「紹介」という方法をトピックとして取り上げて、論じていきたいと思います。

紹介とは

紹介っていうのは、基本的には自分の友達に、「誰か紹介して」と頼んだりして、知り合ったことない人などと引き合わせてもらう方法です。

つまり自分に友達が少ない場合、女の子を紹介してもらうことは格段に難しくなります。

友達がいればいるほど頼める数は増えますよね。友達が0なら紹介という手段はそもそも可能性としては0に近いでしょう。
お母さん、お父さん、弟、妹、お姉ちゃん、兄ちゃん、家族に頼むしかなくなりますね。
それは致し方なくても避けたいものです。

そして仮に自分は割と友達が多いという場合も紹介という手段が使えない場合があります。

自分はモテるカテゴリーの人たちとつるんでいなくて、そもそも他の友達もモテていないし、女の子の知り合いがいない

これはよくあることです。今はほとんど聞かないので死語になったかもしれませんが、
陽キャラ(太陽のように明るいキャラ)と陰キャラ(陰にいるようなキャラ)という部類で分けた時、私は陰キャラでした。
陰キャラは、陰キャラ同士でつるみますし、モテない人はモテない人でつるみます。
類は友を呼ぶとも言いますが、そういう場合紹介を頼んでも、「俺だって出会いないんだ。誰か紹介して」と不毛な会話のキャッチボールが始まるかもしれません。
紹介という手段は、「周りの人間がモテていない、人脈がない」という場合は、手段ですらないんです。

紹介よりも出会い系等の自発的に始めることのできるものの方がおススメです↓

出会い系に迷ったらとりあえずこの2つ!!
自分で出会いを見つけられる”PCMAX”
女の子にメールするなら”ハッピーメール”

より詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にどうぞ!
関連記事:風俗はコスパ最悪!月額3000円で毎月3人と遊べる出会い系スマホアプリ一覧!>>>

紹介は最もデメリットが多い手段

そして仮に周りの友達で、いろいろな女の子と交友がある人がいるとします。
あなたは紹介を頼めるとしましょう。
しかし紹介という手段はデメリットが多いです。

  • 男と女がマッチングしない限りは、紹介者にはメリットはない
  • タイプのかわいい子が来る確率は非常に少ない

男と女がマッチングしない限りは、紹介者にはメリットがない

例えば紹介を頼みました。
男友達に頼んだとして、女の子の友達を紹介してくれたとしましょう。
対面の場合はまだいいんですが、メールアドレスやLINEのIdを教えるという場合、以下のような弊害があります。

メールやLINEで連絡を取り合い始める場合、まだ会ってない段階ですよね。しかも紹介されたばかりだからお互いちょっと意識して期待しつつ反応も悪くない。
ですが、お互いの顔を知らない場合もあります。

ちなみに、LINEの画像のアイコンに顔写真が載っていない場合、かわいい子も中にいるんですが、個人的にはかわいい子よりかわいくない子のほうが、風景だったりアニメのキャラクターだったりをよく使っているという印象です。
私はLINEの友達の人数が1000人は超えているのでそれなりに検証した結果です。

可愛い子は自分に自信のある子が多いので、自分の写真をのせていることが多いですね。
ストーカーなどにあったりしたことがあるひとや、いちいち写真を少し変えただけで反応してくる男子がいすぎてめんどくさい、煩わしいという人はかわいくても、写真をのせていなかったりします。

さて話は戻りますが、メールなどの紹介で顔がわからない場合、顔写メ交換というトラップが発動する場合があります。むしろ顔写メ交換という時限爆弾を発動するのは自分からかもしれません。
そりゃあ、顔はやっぱり大事な一要素ですからね。

私は以前、男友達にメールで女の子を紹介してもらったことがあります。何やら女の子が、私の男友達に、紹介を頼んだようです。私も出会いないかなーとつぶやいていたのでたまたま抜擢されました。
その際に女の子と写メ交換をしました。
そしたらそれまでめちゃくちゃ盛り上がっていたのに、写メを送った瞬間メールが全く帰ってこなくなりました。
その時の心境はこんなんです。

(はああ?????さっきまでハートマークつけてたり、会いたいだのメッセージを送ったりしてたじゃねーか。そしてこの子事態全然かわいくないじゃん!その顔で写メ晒してその態度ですか)

その時はホントにむかつきました。紹介を頼んだ場合、マナーとして一度は会うべきです。
メールで波長が合わないなら全然フェードアウトしていいと思いますが、顔写真を交換して会わなくなるのははっきり言って失礼です。

結局この時、私は紹介してもらったのに、何でこんな性格悪い女を紹介したんだと紹介者に思いました。
あちらの女も、なんでこんなブサメンを紹介したんだと紹介者にいら立ったかもしれません。
私自分のことそんなにブサメンだと思ってないですけどね!

紹介者ってこの時、善意で紹介してるはずなんですけど、この二人がうまくいかない場合、
男、女の片方、または両方に「なんでこの人を紹介したんだろう」と逆に紹介者の感覚を疑われるというなんとも納得しがたい状況に襲われる可能性があります。
勿論なにも思われない場合もありますよ。
けれど意味のないリスクを抱えるとおもいます。
紹介者が感謝されるのは、二人がうまくいったとき、カップルになるときだけです。
架け橋となったとき感謝されます。

一人の人にアタックしてマッチングするという可能性ってもともと限りなく少ないです。
人それぞれいろいろ好きなタイプがありますし、女の人も星の数ほどいますし。

そもそも恋愛というのは、偶然が左右するものであり、紹介するという行為が恋愛の気持ちを掻き立てるという意味でプラスの作用を働かせるのかはわかりません。人為的な出会いと考えてしまう可能性もあります。

紹介において紹介者にはメリットがほとんどなく、むしろ紹介したのに、悪く思われたりするリスクを考えるとやらないほうがいいという結論が出ます。

タイプのかわいい子が来る確率は非常に少ない

そもそも紹介というのは、かわいい子が来る可能性は少ないです。
紹介を頼んでおいて、「なんでかわいい子じゃないんだよ」と紹介者に逆ギレするのは、だめです。やめてください。

そもそも紹介者はわざわざいい女を紹介するでしょうか。
私の場合、ほんとに良い女を紹介しようとは思いません。
もし自分に彼女がいるとしたら絶対彼女より良い女は紹介しないでしょう。
彼女より良い女がいたら、自分がアプローチをかけるでしょうし、わざわざ自分が手に入れることができてない女をわざわざ紹介はしないはずです。
だから自分の恋愛対象ではない女を紹介することが多いです。

結局のところ、自分の恋愛対象の女の子なら、自分でアタックしたいはずですし、対象じゃない女の子ならしてもいいかなと思います。

紹介者の立場ならそうなると思います。

自分が付き合えないいい女を紹介して付き合っちゃってもなんか悔しいですし、紹介者は基本的にいい女を紹介しないでしょう。

  • 男と女がマッチングしない限りは、紹介者にはメリットはない
  • タイプのかわいい子が来る確率は非常に少ない

という観点から考えても、良い子が来る確率が少ないならマッチングできる可能性も少ないですし、そうなると紹介者からすると紹介という手段はデメリットが多いでしょう。

結局のところ、紹介は他人任せ

「女の子紹介してよ、女の子紹介してー。」
と紹介を頼んでくる人がいますが、

はっきり言ってうっとうしいです。
紹介って結局、自分で行動して出会いを作ろうとしない他人任せなやつなんです。

そんな思考の人がいい出会いを作れるわけありません。
そんな思考の人にいい女を紹介しようと思いません。
モテなくて困っている女の子を紹介します。

そういう意味で、うっとうしいと思われるくらいなら紹介を頼まないほうがいいです。

紹介に頼っていてはいい出会いは自分で作れません。
自分で動いて出会いを作ることがいい女との出会いを増やすことに繋がります。

勿論紹介で結婚する人もいますし、必ずしもいいことはないとは言い切れません。

ですが、恋愛を頑張ると思ってこのブログを読んでいただいている人がいるなら紹介という手段を頼らないでほしいです。
あくまで頼らないということであり、紹介の機会があれば大いに生かせばいいと思います。

紹介をしてもらう場合

でも紹介をしてもらいたい、どうすればいいの?という方もいると思うので、
紹介をしてもらう場合のことも書きたいと思います。

紹介する場合は、紹介者に何かメリットを作ってあげるといいと思います。
お互いウィンウィンの関係って大事だと思います。

紹介って一方的に、メリットよこせって言ってるようなもんだから、けむたがられます。

例えば、飯でもおごるよとか、そういう形です。

また私は、紹介を頼むなら合コンを頼めばいいと思います。

私は紹介を頼まれたとき、じゃあ合コン開くよといいます。

その方が複数人会えますし、私自身も出会いができます。紹介だと紹介者である私には全く出会いがありません。

「いや合コンじゃなくて紹介がいい」って言った人が今までの人生で3人ほどいますが、その男たちって、みんな紹介したら確実に女の子に、何で紹介したのこの男と言って、私が嫌われるような男たちでした。

そもそもそういう人たちは、自分に自信がないので合コンに参加して比較されたら確実に自分は負けると考えているからです。
合コンだと比較されるから付き合えないと考えている人は、紹介でも付き合えません。
それは単に魅力不足です。

私は紹介の延長線上は合コンだと思っていますし、合コンのほうが出会いの手段としては優れていると思います。
ただ、紹介者にメリットを作ることで紹介という手段も試すことはできるので、試したい方は一度やってみてください。

紹介よりマッチングサイト等の自発的に始めることのできるものの方がおススメです↓

【必見】恋愛したかったらマッチングサイトで出会いを増やせ!

マッチングサイト おススメ

今回の記事はどうでしたか?
恋愛の知識を学ぶことは大事ですが、実際に行動しないと恋愛できません。

実際に女性と出会って、デートして、会話して、メールして、口説いて、実践経験を積んでいかないと、恋愛の能力は上がっていかないのです。

「普段女性と出会う機会が全くない」

という人は、スマホ1つで出会うことが出来るマッチングサイトを使うのをおススメします。ネットナンパによって恋愛経験を稼ぐことが出来ます。
恋愛経験0の男性でも出会いを作れます。

私がメインで利用しているマッチングサイトは、PCMAXとハッピーメールです。
今は無料なのでおすすめです。今のうちに試してみてください。

・PCMAX 公式サイト(R18)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXは、累計会員数1000万人を超えた大手マッチングサイトで、雑誌などでも紹介されており、若い女性ユーザーも多いです。

・ハッピーメール 公式サイト(R18)

ハッピーメールバナー

ハッピーメールは2000年から続いている超老舗サイト。サポート体制も万全で若い女性ユーザーが多いです。

これらのマッチングサイトは、彼女探し、女友達探し、はたまたセフレ探し、合コン仲間募集、趣味友達募集、欲求不満な人妻との出会い等、様々な用途で使えます。
地域別で検索もできます。

明るくてエロいギャルや、清楚系黒髪女子、クールビューティなどいろんなタイプの女性がマッチングサイトを使っており、いろんな女性と出会えるので、経験を積むことが出来ます。

使い方は簡単で、無料登録をして、プロフィールを作って、メッセージを送ったり、掲示板に募集の書き込みをするだけです。

その後、女性から来たメッセージに応じて、LINEや電話番号を交換し、デートします。

仕事で忙しくても使えるので、仕事が忙しい人にもおすすめです。

またマッチングサイトは、対面からではなく、メールのコミュニケーションから始まるので、人見知りの男性でも、気軽に出会いをスタートすることが可能です。

ナンパは、最初のハードルが高いし、合コンは人脈が必要。でもマッチングサイトはそういう心配をしなくて済みます。

元々、私自身もアスペルガーでコミュニケーションが苦手でしたが、PCMAXやハッピーメールを使うことで、女性と出会い、恋愛経験を積み、どうやったら女性を口説けるかが分かってきました。上手く行けば即ラブホも可能です。

今でもコンスタントに月3~4人は、出会って口説けています。

元々モテなかったとしても、恋愛経験を積んで成長できるのがマッチングサイトの強みです。

マッチングサイトに登録している女性は、「恋愛したい」「寂しい」「暇だ」「構ってほしい」こういう理由があるから登録しています。

恋愛に対するニーズがある女性が集まっているので、初心者でも口説きやすいです。

初心者でも簡単に口説けるマッチングサイトを使えば、モテない男性でも女性を口説くことが出来るでしょう。

そういうイージーな出会いの手段を使うか使わないかで、女性と出会ってイチャコラするか、部屋でオナニーし続けるかが決まるのです。失敗しても失うものはありません。

一度、マッチングサイトで女性を出会ってみてください。

・PCMAX 公式サイト(R18)を見てみる

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

・ハッピーメール 公式サイト(R18)を見てみる

ハッピーメールバナー

実際に使ったことがない人は使ってみて使い心地をまず試してみてください。
今なら無料会員登録で無料ポイントが付くので、会員登録後、すぐに女性にメッセージを送ることが出来ます。

マッチングサイトを使ったことがない人に向けて、下記の記事で男性向けマッチングサイト攻略法について乗せています。参考にどうぞ。

月額3000円で毎月3人と遊べる出会い系一覧と男性向け攻略法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です