台湾深夜バス 桃園空港への行き方

台湾駅からの深夜バスの乗り方を説明します。

台湾の首都、台北(タイペイ)の中でも、台北車站駅が、メイン駅なんですが、そこから桃園空港に行く方法です。

なぜかっていうと私が困ったからです。

駅員に話した時にうまく伝わってなくて、右往左往させられて、結局台湾の友人が近くに住んでいたので助けに駆けつけてくれました。

台湾への安い航空会社はVairかJetstarの2社

先に予備知識として航空会社を紹介しておくとVairとJetstarは、台湾に飛行機で行く場合安いです。
私はVairを使いました。台湾の航空会社なので、台湾人がメインのユーザーですが、その分安いです。
ごはんなどはつきませんし、前にモニターなどないですが、3時間くらいの飛行時間なので安く済まそうと考えれば問題ないでしょう。
ちなみにスチュワーデスのコスチュームが割とかわいいです。

しかし、飛行機の出発時間が微妙で、台湾の桃園空港の朝6時出発ということで、深夜動いている深夜バスを使わないといけないことになりました。

24時間運航のバスがあるということで、余裕をこいていた私ですが、実際当日よくわからなかったので、このブログに残しておきたいと思います。

台湾のバス会社はいくつかある

桃園空港から台北車站駅行くときも思ったんですが、バス会社がいくつかあります。
「I want to go to airport」くらいの英語が言えれば台湾の人にも通じると思います。
分からない場合は、適当なバス会社に、尋ねてもいいと思います。
「それうちのバス会社じゃないよ」と言いながら教えてくれます。
ライバル他社の質問なので気を悪くする人もいるかもしれませんが、観光客なのだから仕方がありません。堂々と聞いちゃいましょう。

台北車站駅から桃園空港に行くバスステーションは、二か所ある。

迷わせる最大の原因は、バス停が、二か所あるということです。

台北西站A棟(新しい)
台北西站B棟(古い)

の二か所があります。

107489

107488

どちらも台北車站駅の西側にありますね。
二か所とも近くにあります。

結論ですが、深夜バスは台北西B棟の「台中5」と書いてあるところから乗れます。

107431

 

時間は00時50分 1時20分 2時20分 3時20分。

107432

そして、深夜バスのチケットは、深夜バスを使う日にしかチケットは購入できません。
なので深夜0時を過ぎてから台北西B棟で買うようにしましょう。

なぜ翻弄されたか

私は、なぜかA棟、B棟行ったり来たりをさせられました。

理由はこうです。

A棟にて、
「深夜バスに乗りたい、チケットを買いたい」
というと、
「それはB棟だよ」
と言われ、B棟に行きました。

するとB棟にて
「桃園空港のチケットを買いたい」
というと。
「それはA棟だよ」と言われました。

「この人たちバカなのかな」と思ったのですが、
結局のところ、B棟のおじさんが、深夜前のこの時間帯ならA棟から桃園空港に行けるという意味でA棟が正しいといったみたいでした。

深夜前に、桃園国際空港に行くならA棟、深夜に桃園国際空港に行くならB棟ということです。

深夜帯でも、自由に移動できますので、台湾旅行する方は、深夜帯の飛行機の時間を考えてみてはいかがでしょう。

以上、台北車站駅から台湾桃園空港への行き方でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です