【アスペルガーの恋愛での喧嘩】言ってはいけないことを言い怒らせる?

アスペルガー症候群の人は、恋愛をしていて喧嘩をするのでしょうか。
アスペルガー症候群の人は、喧嘩っ早いだとかキレやすいというイメージを持っている人が少なくありません。
実際のところどうなのでしょうか。

アスペルガー症候群の人は恋愛時喧嘩をしやすいのか?

アスペルガー症候群の人は、彼氏彼女に対して喧嘩を仕掛けてしまうことが多いのでしょうか。
恋愛時の喧嘩は何もアスペルガー症候群にかぎったことではありません。
アスペルガー症候群でなくても喧嘩が多いカップル、喧嘩が少ないカップル様々います。

アスペルガー症候群の人は空気の読めない発言をしてしまったり、相手の気持ちを考えずに発言させてしまったりすることで、相手を怒らせてしまい喧嘩になることがあります。

逆に、物静かで普段あまり話さないアスペルガー症候群の人の場合、喧嘩の原因になりやすいコミュニケーションがそもそも少ないため、喧嘩になりにくいとも考えられます。

しかし話すタイプのアスペルガー症候群の人も話さないタイプのアスペルガー症候群の人も、あるきっかけによって、ぷっつんとキレてしまう場合があります。

アスペルガー症候群の人は少なからず自分流のルールを持っている場合が多く、そのルールを守らないことがきっかけで突然怒る場合があります。

喧嘩が起きるか起きないかは相手の包容力も一つのポイントになると考えられますが、あまりに理不尽なキレられ方をすると、包容力がある人であっても耐えられないでしょう

理不尽なキレ方をされるとパートナーも一気に冷めて別れる原因になります。

アスペルガー症候群の人が怒るには何かしらの原因があることが多いですが、その際に相手の感情をまるっきり無視したキレ方をするとそれだけで関係が破綻しかねません。

喧嘩をしやすいというより、喧嘩の引き金を引いたとき、あまりに激しい感情の変化にパートナーが困惑したり、傷ついてしまうことが多いです。

喧嘩別れというのはあまりにも悲しい結末です。

アスペルガー症候群の人がどのように相手を怒らせてしまうか確認していきます。

アスペルガー症候群に本気で向き合いたい方に
アスペルガーの教材ならアスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

相手の話を聞かないことで怒らせる

アスペルガー症候群の人はしばしば相手の話を聞かず一方通行な会話になるため、それにより、相手を怒らせることがあります。

「あなたはいつも自分のことばっかり」
「こちらの話を聞いているかと思ったら、理解するどころか全く聞いていない」
等といわれた場合、あなたは相手の意見を尊重せず全然相手の話を聞いていない可能性があります。

アスペルガー症候群の人は、相手が話したことに対して、返答するのではなく、自分がその場で思ったことをそのまま一方的にしゃべり続けるような会話をすることがあります。
相手の言っていることが全く耳に入っていないような感じの返答です。

そうなると相手と話が噛み合わないということがしばしば発生します。
まるで会話に時差があり、別の時代を生きているかのような感覚です。
相手をイライラさせることにつながるかもしれません。

会話のキャッチボールができないことで相手が怒ってしまうということが、喧嘩の一つの原因です。

言ってはいけないようなことを言って怒らせる

アスペルガー症候群は怒りが爆発すると、相手がどういう風に感じるか考えることもできなくなり、突然激怒したりします。
その際、自分がイラついたという主張をするために、酷い言葉を浴びせたり、怒りの表情に変わったりします。

怒りで我を忘れてしまい、暴言を投げかけてしまった場合、取り返しのつかないことになる場合があります。
例えば、そのときに感じた怒りとは別で、日ごろたまっていた鬱憤を一気に吐き出したりしてしまえば、それで恋愛は破局を迎えます。

「言ってはいけないことを言ってしまった」という認識がすぐには判断ができないんですね。相手が傷ついてしまうということを考えもつかなくなってしまうのです。

それによって、関係が崩れてしまう危険性があります。

また怒りがなくとも、言ってはいけないようなことを言うこともあります。

ぽっちゃりの女性の人に向かって「太っているね」と言ったり、髪型を変えた後に、「前の髪型のほうがよかったね」と言ったり。

無意識に悪気なく言っている場合があるので余計にたちが悪いです。

相手の感情や立場に配慮した言葉を使うことができず、自分が分かる情報や事実をそのまま伝えてしまうことがあります。それによって相手が何を考えるかが想像することが出来ず、傷つくことを悪気もなく言って、喧嘩をしたり険悪なムードにしたりします。

より詳しく知りたい方は下記の記事も参考にどうぞ!
関連記事:アスペルガーに必須のアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを徹底解説

怒りが抑えられなくなったり、我慢ができなくなった時の対処法

アスペルガー症候群は、感情コントロールをすることが苦手ですが、感情のセルフコントロールをする必要があります。
そうすることができなければいずれ二人の関係は破たんします。

自制心が必要です。

私が重要だと思うことは、「怒っているときは、言葉を発しない」と決めることです。
怒りを感じているときは何を言ってもいいことは起きません。

怒りを感じているときに、怒りを感じているときにした行動はいかに非合理的かどうかということを考えてみましょう。

また「どういうときに自分は怒りを感じることが多いかを立ち返ってみる」ということも大事です。
どういうことが引き金で、腹が立つのかを考えてみましょう。
そもそもそういう原因が引き起こされないように工夫できるかもしれません。

そして「自分の視点と相手の視点は異なる」と考えることが何よりも重要かと思います。

自分が怒ることが、ほかの人でも怒ることでしょうか。
冷静に考えてください。

本当に怒るほどの大きなことでしょうか。

もしかしたら包容力があれば許したかもしれません。

怒ってしまえばたいていいいことは起こりません。
後で悪いこと、取り返しのつかないことが怒るだけです。

怒っても損だという認識を頭の中に植え付けましょう。

アスペルガーで悩んでいる人向けの教材

アスペルガ-ADHD発達障害改善マニュアル

今回の記事はどうでしたか?
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)には、様々な特徴があり、生きづらさを感じている人も多いと思います。

「人と円滑なコミュニケーションが取れない」
「こだわりが強すぎる」
「上手く自分の事を伝えられない」

そういう課題はすぐに解決できるものではありません。
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)に向き合っていく必要があると思います。

私が、アスペルガー症候群について勉強し、向き合う中で、唯一購入して役に立った教材を紹介します。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルです。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは、その名の通り、マニュアルを読んで実践していくことで、アスペルガーが改善されていくというマニュアルです。

アスペルガーは現在医学的に完全に治るものではないので、あくまで改善になります。

アスペルガーの環境的な要因や体質的な要因なども乗っており、アスペルガーが食べたほうがいい食べ物、避けたほうがいい食べ物などのリストも乗っています。

実際に、どういうことを実践していくかということが体系化されており、後半部分にマニュアルが記載されています。

私が購入して湧き出た思いは、自分自身が知らないことがたくさんあったという気持ちと、マニュアルを実践してアスペルガーに向き合っていきたいという気持ちです。

詳しい内容は、教材なので購入者限定になるので乗せられませんが、「なんとかしてアスペルガーを改善したい」と考えている人にオススメの教材です。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを見てみる

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

実践は大変な部分もありますが、その分、根気強く向き合わないといけないと決意するきっかけになります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの内容については下記の記事で書いてありますので参考にどうぞ。
関連記事:アスペルガーに必須のアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを徹底解説
関連記事:アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの口コミと評判を確かめるために実際に購入してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です