【徹底解説】アスペルガー症候群の人は恋愛で依存するのか?

アスペルガー 恋愛 依存

アスペルガー症候群の人は恋愛に依存するのでしょうか?

あなたの周りには、お互いに依存しあっているカップルはいませんか?
もしかしたら心当たりがあったかもしれません。

恋愛で依存するというのは、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムに限らず、普通のことかもしれません。

アスペルガー症候群の人は恋愛に依存しやすいかどうかについて今日はしっかりまとめていきます。

アスペルガーは、場合によっては恋愛で依存する

アスペルガーは、場合によっては恋愛に依存します。
アスペルガーの特徴の中に、興味、こだわりが強いという特徴があります。
恋愛という部分に固執、彼氏、彼女に固執してしまう場合というのが考えられます。

またアスペルガー症候群の人は、人とのコミュニケーションが苦手だったり、人間関係でトラブルが起きやすかったりする人も多いです。

そのため、誤解を招いて相手を傷つけたり、空気が読めなくてあいつKYだなと思われたり、ほんの一言が足りなったりして人間関係を構築することがうまくいかないということがあります。

そうなると、色々な出来事により人間関係が崩れていくと、人間関係を築く必要がない世界へ行きたい、俗世間から離れたいと思う人もいるかもしれません。

普通は実社会から切り離して生活はできません。

したがって、普通に生活を続けることになるのですが、心の中にはある思いがあります。

心の中の「理解されたい」という思いです。

そうなると、人になかなか理解されないがゆえに、特定の人に一度理解してもらったら、理解し続けてほしいという思いが芽生える場合があります。

自分のことを理解してくれた、この人を信じていきたいという思いが、依存心に変わる場合があります。

なので、アスペルガー症候群の人は、恋愛で依存しやすいと限定する必要はありません。
むしろ同性の友人関係でも依存する場合があります。

理解されたいという気持ちが強ければ、強いほど、恋愛で依存しやすいのです。
一度理解されたからこそ、心を許し依存したくなるのです。

ただ、勿論、これはすべてのアスペルガーの人に当てはまるわけではありません。

ただ、人になかなか理解されないがゆえに、理解されたいというも思いが生まれれば、アスペルガー症候群の人は恋愛で依存しやすくなります。

彼氏彼女かどうかは分かる、友達かどうかは分からない

先ほどアスペルガー症候群は、恋愛で彼氏彼女に依存する、友達に依存するという話をしましたが、
実際友人関係より、恋愛関係の方が依存しやすい傾向があります。

それは何故か。

友人関係と恋愛関係だと、恋愛関係の方が分かりやすいからです。

恋愛関係は、「付き合ってほしい」と相手に言ってOKをもらえれば、付き合ったと認識できます。
分かりやすい関係です。

ですが、友人の場合は、「友達になろう」といって、「うん、なろう」というものはありません。境界線があいまいです。

なので、心の中で、友人だと思っても、相手がそう思っているかはわからないですし、
はっきりとした関係を定義することが難しいのです。

彼氏彼女の関係は口約束ではありますが、付き合う際は明確な関係を定義することが多いので、はっきりしています。

アスペルガーの人は、行間を読むのが苦手なことが多く、曖昧な言葉を想像するのが苦手なので、物事をはっきりさせる、白黒つけたがる傾向があります。

そういうはっきりした関係であれば、安心し、相手に依存しやすくなります。

アスペルガー症候群の人が恋愛で依存しやすくなるのはそのためです。

共依存型とそうでない2パターンがある

共依存型というのは、文字通り、お互いに依存してしまっているということです。

「相手には私しかいない」
「私にはあなたしかいない」

そのように相手なしでは自分は生活できないというようなことです。

アスペルガー症候群の人には、恋愛で共依存する場合と、そうでなく片方が依存する場合があります。

依存しやすい人の特徴としては

  • 自信がない
  • 自尊心が低い

等が挙げられます。

つまり、自信がないと、周りに流されやすかったり、自分より弱い人を好きになろうとします。

自尊心が低いと、感情のコントロールが苦手で、周囲へ嫉妬したり、認められていないと思う人が多いです。
自分が嫌いだったり、自分には出来ないのではないかと思ったりする人もいます。

そういう人同士だとお互いに恋愛で依存してしまいます。

アスペルガー症候群の人とそうでない人でもお互いに依存しあうというのは、よくある話ですが、共依存だと、お互いに依存状態にあるので、自分自身が恋愛で依存しているのではないかとなかなか思わなくなります。

お互いがそうだと、気づきにくくなるのです。

片方だけが依存、つまりアスペルガー症候群の人が定型の人に依存する場合、パートナーから時には、「束縛しないで」とか「距離をもう少しおきたい」と言われる場合があります。

片方が依存傾向があっても、もう片方に依存傾向がない場合、依存しない側は、依存されることを面倒くさく感じるかもしれません。

「もっと私の時間が欲しい」と「もっと自由にさせて」と思うかもしれません。

そういう風に実際に言われたりすれば、アスペルガー症候群の人でも気づく機会を得ることが出来ます。

「俺は恋愛で依存していたんだ」「私は相手のことをかなり束縛していたんだ」
そう感じる人も少なくないでしょう。

ですが、周りがなかなか見えなくなっている場合は、そういう指摘を受けたとしても
「そんなことはない」「これは普通だ。間違っていない」と思う人もいるはずです。

アスペルガーが恋愛で依存してしまう理由

上記であげたように、アスペルガー症候群のが恋愛で依存してしまう理由は、

  • 理解されたいという思いが、理解されたときに特定の人に気持ちが集中してしまう
  • 恋愛関係の方が、はっきりした関係である

このようなことであると思います。

周りから変わっていると言われて、理解されないから誰か一人に分かってもらいたい、理解してほしいと思うがあまり、恋愛で依存してしまうのです。

アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムの人が恋愛でどのように依存してしまうのかを次に見ていきましょう。

アスペルガーの人は恋愛でどのような依存をしてしまうのか

  • 相手を暴力で抑えてつけてしまう
  • 話を聞かなかったら怒る
  • ストーカーのようになってしまう

相手を暴力で抑えつけてしまう

例えば、相手を暴力で抑えつけてしまう場合があります。

相手をコントロールしたいという思うの表れであり支配欲のようなものでもあります。
依存ということは独占欲が強くなっているので、恋人を自分のものであるがのごとく、制御してしまう場合があります。

そのため、暴力をふるって、相手に言うことを聞かせようとする人もいるのです。

ですが、暴力を振るわれる側のことを考えてみてください。
叩かれたら痛いです。殴られたら痛いです。

振るわれても相手は喜びません。辛いだけです。

アスペルガーの症候群の人が理解されなくてつらいのと思っているのと同様に、暴力を振るわれる側は、なんでこんなことをするんだろうと悲しくなり辛くなります。

暴力にいいことはありません。

話を聞かなかったら怒る

話を聞かなかったら怒ってしまう場合もあります。
「理解してもらいたい」という思いから、自分の話を聞いてほしいと思って、自分の話をして、それが理解されないと「なんで理解しないんだ」と怒ってしまいます。

時には、それで相手を傷つけるような言葉を放ってしまうこともあると思います。
相手を傷つけてしまっては元も子もありません。
それが別れの原因になることも多々あります。

ストーカーのようになってしまう

アスペルガー症候群の人は依存心がゆえにストーカーのようになってしまう場合があります。

LINEやメールで「今どこにいるの?」「今何をしているの?」時にはそういう連絡を何通も連続で送る人もいます。

相手に依存しているので、相手が何をしているのか気になって気になってしょうがないのです。

ですが、ストーカーのようになってしまったら、相手は怖いと思うかもしれません。
束縛されたくないと思う人もいます。

「ストーカーのつもりはなかった」と言っても判断するのは、ストーカーをされたと思った側です。

付き合う前に、そうなってしまうのも問題ですし、付き合ったからと言ってストーカーのようなことをしていいわけではありません。

相手の気持ちをまず第一に考える必要があります。
相手を大切にしましょう。

アスペルガーが恋愛依存を克服する方法

色々な例を上げましたが、アスペルガー症候群の人が恋愛依存を克服するにはどうすればいいでしょうか。

やはり、アスペルガー症候群で依存しやすいと感じるのであれば、人間関係で少しずつでもいいので意識するということが大事です。

「どういうことをされたら相手が嫌な気持ちになるのか」
「さっきの言葉は相手を傷つけていないか」
「相手のことを気にしすぎではないか」

本当は客観視して、自問自答すべきですが、なかなか難しいです。

相手にそのまま聞いてみるのも一つの手です。

「どのように思っているか」
「今言ったことって気になったのか」

毎回聞くと、相手も面倒くさくなってしまう人もいると思うのでそれが非常に難しいところではありますが、そういう風に相手との距離感をしっかり意識でき、バランスの取れた関係を築くことが出来れば、アスペルガー症候群の人も恋愛で依存しにくくなると思います。

やはり、第三者視点から客観視してもらう事、相手に気持ちを聞くこと、どういうことをしたら嫌な気持ちになるかを普段から意識する事、このあたりが依存しないための工夫だと言えるでしょう。

  • 第三者視点から客観視してもらう事
  • 相手に気持ちを聞くこと
  • どういう事をしたら嫌な気持ちになるかを普段から考える

こういうことの小さな積み重ねで恋愛で依存しなくなることも可能です。

アスペルガーの人は恋愛で依存すると言われていますが、無頓着な人もいます。

アスペルガーだからこうだと決めつけず、アスペルガーの自分がどのタイプか、アスペルガーである相手がどのタイプかというのをしっかり理解したうえで、対策を考えていきましょう。

アスペルガーで悩んでいる人向けの教材

アスペルガ-ADHD発達障害改善マニュアル

今回の記事はどうでしたか?
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)には、様々な特徴があり、生きづらさを感じている人も多いと思います。

「人と円滑なコミュニケーションが取れない」
「こだわりが強すぎる」
「上手く自分の事を伝えられない」

そういう課題はすぐに解決できるものではありません。
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)に向き合っていく必要があると思います。

私が、アスペルガー症候群について勉強し、向き合う中で、唯一購入して役に立った教材を紹介します。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルです。

アスペルガーを改善するマニュアルです

今すぐアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルで解決する

本気で変わりたい方におすすめです…!

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは、その名の通り、マニュアルを読んで実践していくことで、アスペルガーが改善されていくというマニュアルです。

アスペルガーは現在医学的に完全に治るものではないので、あくまで改善になります。

アスペルガーの環境的な要因や体質的な要因なども乗っており、アスペルガーが食べたほうがいい食べ物、避けたほうがいい食べ物などのリストも乗っています。

実際に、どういうことを実践していくかということが体系化されており、後半部分にマニュアルが記載されています。

私が購入して湧き出た思いは、自分自身が知らないことがたくさんあったという気持ちと、マニュアルを実践してアスペルガーに向き合っていきたいという気持ちです。

詳しい内容は、教材なので購入者限定になるので乗せられませんが、「なんとかしてアスペルガーを改善したい」と考えている人にオススメの教材です。

アスペルガーを改善するマニュアルです

今すぐアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを見てみる

本気で変わりたい方におすすめです…!

実践は大変な部分もありますが、その分、根気強く向き合わないといけないと決意するきっかけになります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの内容については下記の記事で書いてありますので参考にどうぞ。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは詐欺?使えない?
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 口コミ
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの口コミと評判を確かめるために実際に購入してみた

アスペルガーの恋愛に悩んでいる方

下記の記事を参考にどうぞ。

アスペルガー症候群 恋愛 出会い系 おすすめ
アスペルガーが恋愛するなら出会い系がオススメな理由まとめ

アスペルガーで仕事を悩んでいて転職したい方

下記記事を参考にどうぞ。

参考

アスペルガー症候群(ASD)が転職する方法と注意点まとめ【保存版】テンカツ