アスペルガー症候群は恋愛において不利なのか?

こんにちは。
このブログは総合的に恋愛の知識・情報をまとめるつもりで運営しているので、アスペルガー症候群という言葉を全く知らないで訪れた人も多いと思います。

もしこのブログをたまたま訪れたのであったらこんな症候群があるんだなと気に留めていただければ幸いです。

私はアスペルガー症候群です。自分が大学生の時に親に知らされました。
親には、最初は別の理由をつけられて当初病院に連れていかれていたのですが、実はそれとは関係なく本当はアスペルガー症候群かどうかを判断する診断をしていたとのことです。

アスペルガー症候群という言葉は普段なかなか耳にしないので、私もそれまでは知りませんでした。

アスペルガー症候群とは

あなたは自閉症という言葉はご存知でしょうか。
自分の殻に閉じこもるような症状のことではありません。
IQが70以上で知的障害を伴わない自閉症のことを高機能自閉症と言いますが、またの名をアスペルガー症候群と言います。
アスペルガー症候群は、英語ではAsperger Syndromeと書きます。
このサイトのドメインは、「aspe70.com」ですが、文字通りアスペルガーの「Aspe」と「偏差値70」の70から取っています。
IQが70以上という定義があるのはドメインを取った後で知りました(笑)

ちなみに僕自身はIQが、120代だったそうです。
嫌味ではないので注意してください(笑)

アスペルガー症候群は診断が難しく、大人になってから気づくことも多い障害なので、思い当たる節があれば病院に行ってみることをおすすめします。

アスペルガー症候群は以下のような主な支障があるといわれています。

  1. 会話能力
  2. 想像力
  3. 社会適応能力

hjksnns

 

 

自閉症全書より引用 サイトURL http://jiheishoall.jp/c06asperger.html

私自身が、最初にアスペルガーと聞いたとき致命傷なのかなと思ってしまいました。
大学生になったときに、「俺は恋愛して素敵な彼女を作るんだ」という思いを持っていて実際アスペルガーだとわかる前にも彼女はできたんですが、こんな症状が自分にはあるのかって思ってしまいました。

確かに思い当たる節がありました。
相手が言ったことを素直に受け止めすぎてしまい、「それ冗談だからw」と言われたこともあります。

会話がかみ合わないと思ったこともよくあります。
自分の意見を曲げずに強い主張をすることがあります。
思い通りにならないと急に怒ったりします。

元々人の気持ちが読みにくいため相手の気持ちを察することができず苦労していたようでした。簡単に言うと人とのコミュニケーションが通常の人より苦手です。

アスペルガー症候群と知ったとき、自分は、やっぱりショックでした。
ですが、今ではアスペルガーと親が教えてくれたことに感謝しています。
だから私は、現在はそれに向き合って生活を送ることができています。

不幸なことに自分がアスペルガーだと気づかないで、生活している人もいます。
知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけている人もたくさんいるでしょう。

まず、アスペルガーの人は、アスペルガーだと知った瞬間から知ってよかったと思うべきです。
だって対策できるんですから。

アスペルガーは障害ではない。あくまで特徴である

アスペルガーは、会話能力が支障があるといわれていますが、これはもはや特徴だと捉えるべきだと思います。
アスペルガーでなくても会話が苦手な人はいっぱいいます。
大勢が苦手という人もいるでしょう。

アスペルガー症候群は、正確な数値は分かっていませんが、男性は200人から300人に1人の割合で存在し、女性は1500人に1人くらいの割合で存在するらしいです。
男性のほうが多いんですよね。
と考えると日本には約50万人アスペルガー症候群の人がいるというわけです。
これって多いですかね?少ないですかね?

もはやこれだけの人数いると考えたら障害というよりこういう特徴なんだと思った方が気持ち的に楽です。
そして会話能力に癖がありますが、アスペルガーの人は、天才に多いともいわれています。
私自身は全然そんなことは思いませんが、会話力の欠如のために何らかの長所が伸びる人が多いようです

歴史上の有名な人物でいうと
「電気を作ったエジソン」「パソコンのmicrosoftを作ったビル・ゲイツ」「映画界の巨匠スティーブンスピルバーグ」「Mac、ipod等の生みの親スティーブ・ジョブズ」「日本人ならみんな知っている織田信長」

数えだすときりがないので興味がある方はアスペルガー有名人で調べてみてください。

従ってアスペルガーだと知ってすぐに悲観的になるのではなく、自分には何かあるんだというマインドを持つことが大切だと思います。
そうはいっている私ですが、最初は悲観的になりました(笑)

「頭良くても会話できなかったらダメだろ」と。

ですが、実際アスペルガーというのは特徴なんです。意識すれば変わります。

アスペルガーの人は、アスペルガーであることに真摯に向き合うべき

私自身、時折、押さえていてもアスペルガーらしさが出てしまうことがありますが、
一つ言えることがあります。
アスペルガーの人には、「自分はアスペルガーなんだ。だからうまくいかないんだ」と言う思考を持ってもらいたくないです。

私は大学生活中に会話の努力を自分ができる限り行いました。
たぶん普通の人よりも会話力の成長速度はとても遅かったと思います。
ですが、私自身は、実際アスペルガー症候群でしたが、芸能事務所のモデルと付き合ったこともあります。参加者年間1000人規模のサークルのマドンナとも付き合ったことがあります。サークルは自分で立ち上げました。

このサイトは恋愛の考え方で誰にでも通用するような概念的なところを記事にできたらと思っていますが、別途自分自身がアスペルガーなので、アスペルガーの恋愛の部分も別途カテゴリーを分けて書こうと思っています。

アスペルガー症候群は恋愛において不利かというタイトルで疑問を投げかけましたが、
そのことに対する回答を今から記載します。

アスペルガー症候群はやっぱり恋愛においてスタート地点は不利だと思います。
恋愛はやっぱり相手との会話が大前提です。
そして相手の気持ちをしっかり考えられる人であるべきです。
自分を愛してくれる彼女ができたなら、自分自身も彼女の気持ちを考えて気遣いができるべきです。

そういったことが苦手で最初は苦労するというかずっと苦労するかもしれませんが、向き合うしかありません。目を背けても先へは進めません。
注意するべきポイントを少しずつ抑えて少しずつでもいいから修正していくしかないです。

この記事を読んでいる人が、もしアスペルガー症候群の人じゃなかったら、(というより300人に299人が非アスペルガー症候群です)その方に伝えます。

恋愛が不利だといわれるアスペルガー症候群の私でさえ恋愛面で努力して結果を出すことができました。
健全な人はもっとできます。

恋愛でうまくいきたいと思っている人、純粋にモテたいと思ってこのブログにきてくれた人が読んでいてためになるような記事をかければいいと思っています。

ちなみに私は大学1年生の時に、恋愛本、恋愛サイトを読み漁りました(笑)
そこで知った知識だとかが今でも役立っていて勇気づけられたのでいつかこういうブログを書きたいと思ってこのブログを始めました。

どうぞよろしくお願い致します。

アスペルガーで悩んでいる人向けの教材

アスペルガ-ADHD発達障害改善マニュアル

今回の記事はどうでしたか?
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)には、様々な特徴があり、生きづらさを感じている人も多いと思います。

「人と円滑なコミュニケーションが取れない」
「こだわりが強すぎる」
「上手く自分の事を伝えられない」

そういう課題はすぐに解決できるものではありません。
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)に向き合っていく必要があると思います。

私が、アスペルガー症候群について勉強し、向き合う中で、唯一購入して役に立った教材を紹介します。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルです。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルは、その名の通り、マニュアルを読んで実践していくことで、アスペルガーが改善されていくというマニュアルです。

アスペルガーは現在医学的に完全に治るものではないので、あくまで改善になります。

アスペルガーの環境的な要因や体質的な要因なども乗っており、アスペルガーが食べたほうがいい食べ物、避けたほうがいい食べ物などのリストも乗っています。

実際に、どういうことを実践していくかということが体系化されており、後半部分にマニュアルが記載されています。

私が購入して湧き出た思いは、自分自身が知らないことがたくさんあったという気持ちと、マニュアルを実践してアスペルガーに向き合っていきたいという気持ちです。

詳しい内容は、教材なので購入者限定になるので乗せられませんが、「なんとかしてアスペルガーを改善したい」と考えている人にオススメの教材です。

・アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを見てみる

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

実践は大変な部分もありますが、その分、根気強く向き合わないといけないと決意するきっかけになります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの内容については下記の記事で書いてありますので参考にどうぞ。
関連記事:アスペルガーに必須のアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを徹底解説
関連記事:アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの口コミと評判を確かめるために実際に購入してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です