大学生・社会人でサークルを作る際考えるべき4つの必須項目ピックアップ

上の画像はスノーボードサークルのイメージ画像です。
こんなイケメンになりたい。

今日は大学生や社会人でサークルを作ろうと思う場合、最初に考えておくべき4つの項目についてお話ししたいと思います。

元々あるサークルに所属するのももちろんありだし最初1年生の時は、いろいろなサークルにとりあえず参加してみるというのを推奨しますが、大学2年生、3年生くらいからサークルを立ち上げるのも一つの手です。

というより私は大学2年生、3年生になった際サークルを立ち上げましたが、その際に広がる人脈の量は半端なかったです。
ここからデートできた人、恋愛に発展した人は数知れずでした。
なぜかっていうと運営はモテます。

ですが今回はサークルを作るときにまず考えるべきことを説明します。

運営メンバー

運営メンバーは、出来るだけ、大学、学年、性別等バラバラにした方がいいです。
大学、学年、性別等はバラバラの方が応用利きます。
学生中心のサークルなら学生で統一することも大事ですが、もし友人に頼れる社会人の友達がいるなら、社会人を混ぜるのも面白いです。
運営者がどんな人を呼ぶかというのは決められますからね。

運営メンバーが、いろいろな場合だと次のようなメリットがあります。

  • 柔軟に計画を立てられる
  • それぞれ共通点があるグループにアプローチをかけられる

運営メンバーが色々いると柔軟に計画を立てられる

まず大学などにより忙しい時期が違ったりします。
看護学部や教育学部は看護実習だったり、教育実習などがありますし、英米学部は、短期留学や長期留学で一定期間いなくなってしまうこともあります。
また金曜日は必ずバイトに入らないといけなくて金曜日の夜は来れない人、同様に土曜の夜は外せない予定があってこれない人など、一人ひとり開いている予定はバラバラのはずです。
勿論多くの運営メンバーが参加できる日程でサークルの活動を行うのがベストですが、それ以前にサークルの運営メンバーが少なくても活動が定期的にできるというのが重要です。

運営メンバーが色々いるとそれぞれ共通点があるグループにアプローチをかけられる

サークルではいろいろな年代が参加していることは、サークルの信頼につながります。
一学年しかいないサークルよりも先輩後輩などがいる方がちゃんとしているサークルだと思いますよね。
「3年生が運営の代」というように、代ごとに運営をしていくサークルもありますが、個人的には引き継ぐという目的があるなら、違う学年の人とも一緒に規格を行うことが望ましいと思います。

その方が運営の仕方もわかり、引き継ぎやすくなります。
勿論、自分たちでずっと運営していく、自分たちが辞めるならサークルは解散という場合、この限りではありません。
そして大学1年生男、大学2年生男、大学3年生男、大学4年生男、大学1年生女、大学2年生女、大学3年生女、大学4年生女と散らばっていたら、それぞれ同じ世代に関わりやすくなります。
それぞれの世代で仲良くなって「また来てね」とリピーターを増やすことにもつながると思います。
最初サークルを作った瞬間はこれは難しいですが、徐々にサークルに参加する人が増えていく場合興味がある人は運営をやってみない?と声をかけてみることが大切です。

宣伝方法(集客)

  • ちらし
  • 雑誌
  • SNS
  • HP
  • 口コミ

ちらし

チラシは原始的手法かつ強力な手法です。
配る時期や場所ですが、一番効果があるのは入学式の時です。
入学式はどこかのホールなどを貸し切りにして行われることが多く、その周辺の駅からは新入生が入学式のために現れます。
新入生はサークルに所属していない状態なので、一番サークルに興味を持ちやすく、入学式に向かう人にチラシを作って配ることは効果的です。
他には、夏休みや春休みの前のテスト週間あたりの大学前から駅までもおすすめです。
何故ならテストが終わった後、大学生は休みになるので暇になります。
その時サークルに入りそびれた人は、これから暇だし、何かサークルに入りたいと思っている人が多いです。
そういう時期も配るチャンスです。

場所によってはだめなところもあるので注意してください。

雑誌

大学時代の時に私は雑誌にサークルを載せていました。
雑誌といっても駅などに置かれているフリーペーパーと呼ばれる雑誌です。
それでもすごく効果があります。
私が載せていた雑誌は、もう今はなくなってしまいましたが、そこから来る人は学年問わず多かったです。
1年生よりもサークルに入りそびれた2年生、3年生等がこういうところから参加してきました。
意外と雑誌にメールなどで問い合わせするだけで、載せてくれる場合があります。

SNS

Twitter、Facebook、mixi等ですね。
2016年現在はツイッターだと思います。
私はやっていなかったですが、やっている人口が多いですよね。
豆知識ですがinstagram(インスタグラム)は4億人が使用していて、3億人越えのtwitterよりも多いです。
しかしインスタグラムは写真をのせるのが主なので勧誘などの手法ではtwitterのほうが使いやすいと思います。

HP(ホームページ)

ホームページがあると、サークルの信頼度が変わります。
長年あるサークルでホームページがあると信頼感絶大ですね。
急に終わるとかほとんどありません。
サークルを初めて作る人は余力があるとやるとベターです。
ちなみに私は最初作ったサークルではホームページなしでしたが、新歓で100名近く集まりました。

口コミ

これは友達に頼んで、友達の友達、さらには友達の友達の友達をよんでもらう手法です。結局のところこういうのが続くことで継続的なサークル活動が望めるのです。

資金

ここはシビアな部分になりますが、資金管理もサークル運営としては必須です。
資金管理ができないとサークルがつぶれます。

たとえばですが、新歓飲み会100人参加の連絡が来ました。
当日雨が降りました。
室内ですが、めんどくさいと思う参加者がドタキャンし30人減りました。

これを例えばお店の料金が3000円だとして参加費3000円で100人予約していたらどうなったでしょう。

30人減ると9万円のドタキャンが発生します。
全額かかるか飲み代だけキャンセルにしてくれるかは店の裁量なのでこちらで判断できません。
店の判断にゆだねるしかないのです。

ですからこの部分の管理は徹底する必要があります。

また資金管理に関しては記事を書きたいと思います。

年間企画

年間企画というのはサークルを作る前にあらかじめ考えないといけません。
1番の理由としては、サークル参加者に未来を想像させるということが挙げられます。

例えばぱっとサークルの活動例を出してみます。

4月 花見 新歓
5月 ボーリング大会
6月 カラオケ大会 バーベキュー
7月 花火 海
8月 合宿 スポーツ大会
9月 京都巡り
10月 ハロウィンパーティ
11月 紅葉  混浴
12月 クリスマスパーティ 鍋パ
1月 スノーボード
2月 バレンタインパーティ
3月 追いコン

等など

適当に挙げてこんな感じです。

混浴はやったことないです。いつかやってみたい(笑)

ちらしなどにのせるときもできるだけ具体的な活動内容を書く方がイメージをふくらましやすいです。

作るときにはどんな活動をするかと考えるのは運営者のモチベーションにもなります。

サークル運営は義務になったらつまらないです。
勿論大変だと思う時もたくさんありますが、楽しむという思いをもって作りましょう。

【必見】恋愛したかったらマッチングサイトで出会いを増やせ!

マッチングサイト おススメ

今回の記事はどうでしたか?
恋愛の知識を学ぶことは大事ですが、実際に行動しないと恋愛できません。

実際に女性と出会って、デートして、会話して、メールして、口説いて、実践経験を積んでいかないと、恋愛の能力は上がっていかないのです。

「普段女性と出会う機会が全くない」

という人は、スマホ1つで出会うことが出来るマッチングサイトを使うのをおススメします。ネットナンパによって恋愛経験を稼ぐことが出来ます。
恋愛経験0の男性でも出会いを作れます。

私がメインで利用しているマッチングサイトは、PCMAXとハッピーメールです。
今は無料なのでおすすめです。今のうちに試してみてください。

・PCMAX 公式サイト(R18)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXは、累計会員数1000万人を超えた大手マッチングサイトで、雑誌などでも紹介されており、若い女性ユーザーも多いです。

・ハッピーメール 公式サイト(R18)

ハッピーメールバナー

ハッピーメールは2000年から続いている超老舗サイト。サポート体制も万全で若い女性ユーザーが多いです。

これらのマッチングサイトは、彼女探し、女友達探し、はたまたセフレ探し、合コン仲間募集、趣味友達募集、欲求不満な人妻との出会い等、様々な用途で使えます。
地域別で検索もできます。

明るくてエロいギャルや、清楚系黒髪女子、クールビューティなどいろんなタイプの女性がマッチングサイトを使っており、いろんな女性と出会えるので、経験を積むことが出来ます。

使い方は簡単で、無料登録をして、プロフィールを作って、メッセージを送ったり、掲示板に募集の書き込みをするだけです。

その後、女性から来たメッセージに応じて、LINEや電話番号を交換し、デートします。

仕事で忙しくても使えるので、仕事が忙しい人にもおすすめです。

またマッチングサイトは、対面からではなく、メールのコミュニケーションから始まるので、人見知りの男性でも、気軽に出会いをスタートすることが可能です。

ナンパは、最初のハードルが高いし、合コンは人脈が必要。でもマッチングサイトはそういう心配をしなくて済みます。

元々、私自身もアスペルガーでコミュニケーションが苦手でしたが、PCMAXやハッピーメールを使うことで、女性と出会い、恋愛経験を積み、どうやったら女性を口説けるかが分かってきました。上手く行けば即ラブホも可能です。

今でもコンスタントに月3~4人は、出会って口説けています。

元々モテなかったとしても、恋愛経験を積んで成長できるのがマッチングサイトの強みです。

マッチングサイトに登録している女性は、「恋愛したい」「寂しい」「暇だ」「構ってほしい」こういう理由があるから登録しています。

恋愛に対するニーズがある女性が集まっているので、初心者でも口説きやすいです。

初心者でも簡単に口説けるマッチングサイトを使えば、モテない男性でも女性を口説くことが出来るでしょう。

そういうイージーな出会いの手段を使うか使わないかで、女性と出会ってイチャコラするか、部屋でオナニーし続けるかが決まるのです。失敗しても失うものはありません。

一度、マッチングサイトで女性を出会ってみてください。

・PCMAX 公式サイト(R18)を見てみる

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

・ハッピーメール 公式サイト(R18)を見てみる

ハッピーメールバナー

実際に使ったことがない人は使ってみて使い心地をまず試してみてください。
今なら無料会員登録で無料ポイントが付くので、会員登録後、すぐに女性にメッセージを送ることが出来ます。

マッチングサイトを使ったことがない人に向けて、下記の記事で男性向けマッチングサイト攻略法について乗せています。参考にどうぞ。

月額3000円で毎月3人と遊べる出会い系一覧と男性向け攻略法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です